私は建設会社を経営しています。私の会社では昨年に会社設立10周年を迎えました。とても苦労して来ましたが、売上も伸びていますし順調に来ています。私は会社の10周年を記念してノベルティ商品を作り、お世話になっている方に配ることを考えました。商品は何にするかとても迷いましたが、ボールペンに名入れしてもらって作ることにしました。私はネットで検索した、文房具のお店に少し高級なボールペンを選んで注文をしました。

ボールペンには会社名と10周年記念と入れてもらいました。そして300本の名入れをしたボールペンを注文をしました。私はお願いしたネット販売のお店には見積書を出してもらいました。考えていたより安いと感じてお願いしました。注文して1週間ほどでノベルティ商品のボール店は届けられました。私は会社の社員にお付き合いのある方に配るように指示を出しました。ボールペンは私の会社の社員にも配りましたし、みんな喜んで使っています。私は名入れをしたボールペンは、多くの方に配ることができました。これでこれからも会社の運営は順調に行くと感じています。これからも機会があったら会社のノベルティ商品を作って、配って行きたいと考えています。「僕は彼をリスペクトしています。」といった感じに、最近では日常会話の中で英語が使われるということが多くなってきました。

英語を使っているとかっこいいからという理由で使っている方も多いかもしれませんが、日常会話の中で英語が多く使われるようになった最も大きな理由は国際化の流れでしょう。ノベルティという言葉を最近ではよく聞くようになりましたが、その意味をご存知でしょうか。ノベルティとは、企業が自分たちの会社と契約してもらえるように、契約してくれた人に無料で配布している自社の名前が入った記念品のことです。携帯会社が契約者にオリジナルグッズを配布したりしていますが、“あれ”のことです。日本語の中に英語が普通に入ってくるようになり、意味が分からず苦労しているという年配の方も多いのではないでしょうか。しかし、それは若者も同じです。英和辞典を見れば英単語の意味は調べることができます。ただ、文化の違いから英単語の中には、日本語で上手く表現できないというものも多数あります。その本当の意味を知るためにはアメリカ人がその単語を使うときの感覚を理解する必要があります。ノベルティを具体的な日本語で覚える必要はありません。携帯会社が配布している“あれ”といった感じで十分です。何かにたとえたり、具体例を覚えておく形で少しずつ英語に慣れていきましょう。